兵庫県神戸市 姫路市 加古川市 明石市 播磨町 大阪梅田 学費総額は私立通信制兵庫県下最安値!

鹿島朝日高校・鹿島学園高校連携GS³グループ 

こーれはなかなかないスクーリングだ。

裁判所の見学に行ってきました。

裁判。例の横分けベッタリな弁護士さんとか、テレビのドラマで見ることが多いですけど、「実際はあんなにドラマチックじゃないよ」なんて本当の弁護士さんなんかは言いますね。じゃ実際はどうなんでしょう。日本では本物の裁判を映像で見ることはできません。

裁判を見るにはどうすれば良いか。
みなさんは高校生ですから、裁判員になるのはまだちょっと先。なんならちょっとヤンチャしてみて自分が捕まってみるって手もありますが、前科が付くのはイタいですから、まずは傍聴に行きましょう。
実は日本の裁判は見学自由。申し込みさえすれば、事件と関係ない人でも傍聴席から裁判を見ることができるのです。
キャンパスから一番近い裁判所である神戸地方裁判所姫路支部では、学生向けに、実際の裁判の傍聴を含む見学メニューを用意しています。

saiban2

(姫路支部外観)

神戸地裁姫路支部は駅の南側、キャンパスからは歩いて15分ほどのところにあります。まずは職員の方から裁判や裁判員制度について軽くレクチャーを受けた後、裁判の傍聴へ。もちろん本当の事件の本物の裁判です。

saiban3

(当たり前だけど公判中の写真はなしね)

初めて見る法廷とは、それはそれは厳粛な場でありました。どこもかしこも清潔で整っていて静かで、ツンと押し詰まった空気がある。冗談・おふざけ絶対厳禁。なるほど「ここは裁きを受ける場所だ」って感じ。

今回の事件はわりあい軽いものだったので(道交法違反)、裁判自体に期待したような大きなドラマはなく、事務的に淡々と進んだという印象。
あとで職員の方に聞いたところ、もっと重大な事件や例えば泥沼の離婚調停なんかになると、大変な人間ドラマを垣間見られるらしい。
キャンパス生の感想は後に載せますが、どうせならそういうのが見たかった!なんて声もありましたね。そりゃ野次馬にとっちゃ火事はでかい方が面白い。不謹慎な(笑)。

saiban5

(冊子はとっても勉強になる内容)

最後に裁判員制度に関する冊子とグッズを頂きました。
いまの高校生もあと2~3年たって成人すれば、裁判員に選ばれる可能性があります。いつやって来るか知れないその日の前に、こうして実際に裁判の様子を見ることができたのは、とても有意義な体験だったと思います。
参加した人に簡単に感想を書いてもらったので、いくつか紹介しましょう。

●裁判所を初めて見学してとてもびっくりしました。教科書で見たことはありましたが部屋に入った時とても静かで緊張感が漂っていました。無免許で懲役6ヶ月になっている人がいて今後どうするのか気になります。
とても良い経験になりました。

●今回初めて裁判所に見学に行きました。
刑事裁判などでは写真ではなく、全て絵(イラスト)にかくということを初めて知りました。
今回見た裁判では、あまり弁護士さんがひこ人を守る(罪を軽くしよう)とする熱意があまり感じられなかった気がしました。
(よく、テレビドラマなどでは弁護士は依頼人を守ろうとするところがすごく伝わってくるので少しびっくりしました。)
車を運転したということは、本人しか分からないことですが、たまたまというのがすごく信頼性が低い気がしました。
どんな裁判長に当たるか検事か弁護士かによって刑が変わってしまうかもしれないということが裁判傍聴のおもしろさであり恐いところだなと思いました。(本当は有罪だけど、証拠不十分で無罪になる可能性も恐いなと思いました)
いろんな質問もでき、すごく勉強にもなり、いい経験になりました。

●初めて裁判を見て思ったことは、いい年してしょーもないことで捕まるとか恥だと思いました。
絶対あんな大人にはなりたくありません。
次もし、裁判に行くことになったら、殺人か不倫とかのを見に行きたいと思いました。
●姫路裁判所でもいろんな裁判がることがわかった。
裁判は時間を欠けて細かく調べたりしてたから見る方はしんどかった。
少年でも悪いことする奴が多いことがわかった。
思っていたよりも裁判する人数が少なかった。
すごく勉強になった。

●初めて行ったけど、とても聞いているのが楽しかったです。
個人的には、不倫についてが良かったです。後、もう少しゆっくり話してほしかったです。
少し法律について勉強したくなりました。

●裁判所を初めて見学して世の中には色んな裁判があることが分かりました。日本は、法治国家であり、裁判で判決されることが実際に見学できてすごかったです。僕も法律を守ろうと思いました。

●裁判所に見学しに行きました。無免許運転で警察に捕まった人の裁判を傍聴しました。僕はいままで傍聴なんてした事なかったので初めての経験になりました。傍聴した感想は、被告人の人は何か嘘をついているような感じがしました。裁判の結果がまだ分からないのですごく気になります。

●僕は初めて裁判を傍聴しました。自分も何かのトラブルに巻き込まれ、他人ごとにはならない場合もあると思い、真剣に見学させて頂きました。日本はテレビなどで裁判を放映してはいけないので、生で見れて迫力があり、感銘を受けました。普段生活していて学ぶことができない経験をし、とても身になりました。

●検察官の人が早口すぎて正直ほとんど何を言っているのか聞き取れなかった。リーガル・ハイみたいな裁判があるなら、是非見に行きたい。最後に裁判所のいろんな所を見学させてもらえた事が、一番楽しかった事です。また機会があるなら行ってみたいです。

●ふだんテレビでしか見れないところを直接見れていい経験ができてよかった。次、見れる機会があったらもっとすごいのが見てみたい。
自分が裁判にかけられる側にならないようにします。

好評だったので、次回もまた企画したいと思います。お楽しみに!