兵庫県神戸/姫路/加古川/明石/播磨町/大阪梅田 鹿島朝日・鹿島学園連携 通信制高校。GS³グループキャンパス

鹿島朝日高校・鹿島学園高校連携GS³グループ 

学校法人の全日制の学校が運営。「鹿島学園高校」の姉妹校(費用・卒業要件など同じ)

鹿島朝日高等学校は、学校法人の全日制の学校が運営する「通信制・単位制高校」です。

通信制課程は「生徒一人ひとりが自分を見つめなおし、次の一歩を踏み出す足がかりを作ること」を目標に開設されました。姉妹校である「鹿島学園高校」の提携校は全国に約200のキャンパス・学習センターがあります。

兵庫県内での開設は2012年。27年12月までは「鹿島学園高校」として受け入れてきましたが、「鹿島学園高校」とは基本的に同じ学費、同じ仕組みを継続します。「通信制の文字が入らない」「負担の少ないスクーリング」といったほかの通信制にはないメリットがあり、ここ数年、通信制高校での生徒数伸び率ナンバーワンの「鹿島学園高校」と同様にお考え下さい。

鹿島朝日通信制4つのポイント

①卒業資格は全日制と同等で通信制の文字なし

鹿島朝日_卒業証書
鹿島朝日高校は全日制学校を運営する「学校法人」です。ですから、通信制の卒業資格も全日制と同等です。ほかの通信制と違って卒業証書に「通信制」の文字が入らないので、進学・就職・結婚に断然有利です。

②費用は私立通信制最安値

単位取得の費用は1単位あたり7,000円。サポート費用なども含めた卒業までに必要なトータルの費用は県内の私立通信制で1番の安さです。

③負担の少ないスクーリング

IMG_0023 通信制の卒業のためにはレポートの堤出のほかにスクーリング(対面授業)への出席が必要です。カシマのスクーリングは原則として「日帰り」そして「キャンパスの近く」で行われます。ほかの通信制のように何日も宿泊したり、遠方まで行ったりする必要はありません。

④各種学割が適用できます

学校法人の運営になりますので、JRの通学定期や各種学割も適用されます。これも、株式会社立の通信との大きな違いです。